• キク科のトウキンセンカは、一般的にはマリーゴールドと呼ばれ、古代から様々な目的のために重宝されてきました。主に、カロチノイド、フラボノイド、サポニンを含んでいます。肌を穏やかに整える作用から、肌荒れを防いだり敏感肌用の化粧品によく配合されます。

     

  • シソ科ラベンダーから抽出されるエキスです。古代ギリシア時代から身心の浄化に用いられ、昔からヨーロッパ全土でハーブティとして親しまれています。香りによる作用や収れん作用もあることから化粧品だけでなく、ヘアケアやデオドラント商品など様々なアイテムに使われています。

     

  • シソ科植物セージの葉から抽出されるエキスです。精油成分やフラボノイド、タンニンを多く含んでいます。肌を穏やかに整え、収れん作用やめぐりを促進する作用もあることから、加齢やストレスなど様々なダメージから肌を守るスキンケア商品に配合されます。

     

  • ニンニクから抽出されるエキスです。太古の昔から栽培され、スタミナ源として使われていた記録があるほど歴史があります。肌をイキイキとさせ、めぐりをサポート。保湿作用があることからスキンケアや頭皮ケアなど様々な商品に使われる成分です。

     

エリナのスキンケアは「CUREよりCARER」の発想に基づいて作られています。
身体の一番外側にある肌は、常に様々な環境ストレスにさらされています。それらのストレスによって、肌全体の働きが乱れ、トラブルを起こしてしまうのです。美しい肌を保つことは、トラブルの素となる環境ストレスから肌を守ること。肌悩みを起こす前に、日々のスキンケアで健やかな肌を維持してほしい、これがエリナの願いです。